書籍:全世界で6000万部のベストセラー

日本語

ニュース

書籍:全世界で6000万部のベストセラー         「ミレニアム」三部作ついに文庫化開始!

「ミレニアム1」 ドラゴン・タトゥーの女 スティーグ・ラーソン著 ヘレンハルメ美穂・岩澤雅利訳 上下巻/ハヤカワ・ミステリ文庫

本作品はスウェーデン出身のスティーグ・ラーソンによる3部作で、2005年に発売された第一部ドラゴン・タトゥーの女が発売されるや、たちまちベストセラーの第一位になり、全世界で三部作合計6000万部の売り上げを記録、社会現象を巻き起こしました。
しかし、筆者のラーソンは大成功を見ることなく、2004年11月、心筋梗塞で死去しています。享年50。

2009年、数々のミステリ・ランキングに輝いた作品が文庫化されました。2012年2月にはハリウッド制作による映画も公開されます。
http://millennium-book.jp/

「週刊文春」ミステリーベスト10 第1位
『ミステリが読みたい!』 第1位
『このミステリがすごい!』 第2位

■ストーリー
月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルは、大物実業家の違法行為を暴く記事を発表したが、逆に名誉毀損で有罪になり、『ミレニアム』を離れることに。
そんな折り、大企業グループの前会長ヘンリックから依頼を受ける。約40年前、彼の一族が住む孤島で兄の孫娘ハリエットが失踪した事件を調査してほしいというのだ。解決すれば、大物実業家を破滅させる証拠を渡すという。
ミカエルは受諾し、失踪事件に関する膨大な資料を調べる一方、一族のいわくありげな人々の中に分け入っていく。だが謎は深まるばかり、助手が必要と感じた彼は、背中にドラゴンのタトゥーを入れた女性調査員リスベットの協力を得ることに。
二人の調査により、やがて明かされる忌まわしい事実とは?
全世界を魅了した壮大なミステリ三部作の第一部。

 

 

1.0.73.783