おいしいもの

日本語

おいしいもの

ノルウェーサーモン

 ノルウェーといえば、やはりノルウェーサーモン!ステーキやスモークなど、脂がのって肉厚のノルウェーサーモンは食べ応えも十分です。ホテルの朝食やレストランで味わうことはもちろん、スーパーマーケットで買うこともできます。


甘エビ

 漁業が盛んなノルウェーでは、サーモンと並んで甘エビも人気の食材です。シュリンプカクテルや、茹でてレモンを絞って食べるだけでも、エビの甘さを楽しめます。ぷりぷりした身をぜひほおばってみてください。



トナカイの肉

 極圏に近づくと、先住民族サーメ人に親しまれてきたトナカイ料理を味わうことができます。ステーキや煮込みなどこれらの肉料理には、秋に実る野生のベリーのジャムなど素材に合ったソースが添えられます。サーメ人にとっては「おふくろの味」ともいえる料理です。

ヤギのチーズ

 ノルウェーはヤギのチーズでも有名です。とくに珍しいのが、少し甘みのあるキャラメル色をしたブラウンチーズ「ヤイトオスト」(写真右)。ノルウェー人は大きなかたまりをうすーくスライスして、ラズベリーのジャムと一緒にパンにのせる食べ方が大好きです。旅行者もホテルの朝食で食べられますし、スーパーマーケットで買うこともできます。

フィスケカーケ(Fiskekake)

 ノルウェーの一般家庭でよく食べられるのが「フィスケカーケ(Fiskekake)」という食べ物です。タラのすり身を油で揚げたもので、日本のはんぺんによく似ています。

 

フォーリコール(Farikal)

 羊の肉とキャベツをコンソメスープで煮込んだフォーリコールは、ノルウェーの国民的家庭料理。秋になると、この料理を作るための「フォーリコール用」と書かれた羊肉のパックがスーパーに並びます。家庭料理なので、旅行者が気軽に味わうのはなかなか難しいかもしれませんが、もし見つけたらぜひ食べてみてください。寒いときもこれを食べれば心も体もぐっとあたたまる、ノルウェーらしい料理です。

ビール

 各地での地ビールがたくさんあります。中でも有名なのは、世界最北端のビール工場で作られる、マックビール(Mack Beer)。北極圏最大の街トロムソに工場があり、製造過程を見学した後に併設のレストランで味わうこともできます。


シュナップス

 ノルウェーでビールと並んで人気が高いのが、ジャガイモの蒸留酒シュナップス(アクアヴィットとも呼ぶ)です。アルコール度数40度と高く、ハーブなどで香り付けされています。ノルウェーのシュナップスとしては、赤道まで船で運んで熟成させるリニエ(Linie)が有名です。瓶に貼られているラベルの裏を見ると、このアクアビットがいつからいつまで航海に出ていたという時期がわかります。「お酒を航海させる」という発想は、ヴァイキングの末裔である海の民族ならでは、といえるかもしれませんね。

ノルウェー料理を食べてみたい!と思った方はこちら。
現地で食べる
日本で食べる

1.0.73.783