中部 

日本語

中部                           Central Norway

ノルウェーの歴史、産業ともに重要な役割を果たしてきた地域

おもな見どころとしては、沿岸急行船の寄港地でありノルウェーの古都として栄えたトロンハイムや、世界遺産に登録されている鉱山の町ローロスなどがあります。


トロンハイム Trondheim

ノルウェー最初の首都
中世にノルウェー最初の首都として栄えた、スカンジナビアで最も古い都市のひとつでトロンハイムは中世の非常
に重要な巡礼目的地でした。ヴァイキングの王オラフ・トリュグヴァソン(Olav Tryggvason)が紀元前997年に興し、
当時街の名はニーダロス(Nidaros)と呼ばれていました。
現在は人口約15万を越えるノルウェー第3の都市で、海運業の中心地であり、ヨーロッパ最大レベルの科学技術研究施設、国際的に評価の高いノルウェー科学技術大学(NTNU)などの教育機関が整った学術都市としても有名です。
空路はオスロから約1時間、コペンハーゲンからの直行便もあります。列車はオスロから約6時間45分です。

トロンハイム観光協会 Visit Trondheim AS
Tel + 47 73 80 76 60
touristinfo@visit-trondheim.com
http://www.visit-trondheim.com/turist/


ローロス Røros

世界遺産の鉱山の町
独特な教会と100軒もの木造家屋が立ち並ぶ美しい町です。ユネスコ世界遺産に文化遺産として登録されています。

ローロス観光協会 Destination Røros
Tel +47 72 41 00 00
post@rorosinfo.com
http://www.roros.no

 


リレハンメル Lillehammer

1994年冬季オリンピックの開催地
スキー・ジャンプ台やオリンピック博物館などがあります。
オスロから列車で約2時間15分。

 

天気

13 °Cオスロ

1.0.73.783