10ドル、50ドル、100ドル。予算ごとにコペンハーゲンを楽しむ方法

日本語

フェアリーテールクラブ

10ドル、50ドル、100ドル。予算ごとにコペンハーゲンを楽しむ方法

12世紀後半にアブサロン司教によって設立されたデンマークの首都は、数世紀を経て北欧で最も魅力的な都市のひとつになりました。ヨーロッパの旅行先の中で最も物価が高い場所のひとつともいわれますが、良いものを見るために必ずしも高いお金を払う必要はないのです。

ここでは、米国のトラベルエディターに紹介された記事をもとに、予算ごとにコペンハーゲンを楽しむ方法を紹介しましょう!(2014年9月現在1USドル=約105円で計算しています。)

■10ドル編(約1,050円): デンマーク人のように食べる

伝統料理スモーブロー(オープンサンドイッチ)、手作りのペストリー、風味豊かなソーセージなど、コペンハーゲンを訪れたならデンマークを代表するおいしいものは見逃せません! もし滞在時間が足りなかったら、約60種類の新鮮な食材や惣菜を提供街で一番大きなマーケットのトーヴェヘーラネTorvehallerneへ! 店舗が密集しているので短時間に最高のコペンハーゲンのご馳走を堪能できるでしょう。

ファーストフードなら、デンマーク人も大好きなホットドック。ドゥープDøpは街中に何軒も売店があります。オーガニックソーセージに、マヨネーズをアンチョビの入ったレムラードソースをトッピングし、マッシュポテトとローストビーツを添えたものを6ドル25セント(約660円)で買うことができます。デザートには、市内にたくさん店舗のあるラーケーフーセッLagkagehusetなど地元のベーカリーへ。焼きたてのカタツムリの形をしたトリクスナイルtryksnegl(約350円)や他の甘いお菓子を試してみましょう。

■50ドル編(約5,250円): 手の届くデザイン

デンマークの建築は、1950年代に花開きました。その特徴はミニマリズムと機能性です。ジョージ・ジェンセン、ハンス・J・ウェグナー、フィン・ユール、アルネ・ヤコブセンのような有名なデザイナーによる作品を多くの公共スペースで見ることができます。CPHmadeが提供する、地元の職人に焦点を当てた市内ツアーは数十もあり、参加することで、より本物のデンマークに近付くことができます(ツアー代金はひとり当たり27ドル=約2,835円)。

他にも、コペンハーゲンのメインショッピングストリートであるストロイエを散歩すると、ロイヤルコペンハーゲンなど国際的なブランドや地元のお気に入りを見つけることができます。脇道に沿って散策すると、スカンジナビア最大のビンテージ壁紙があるレトロ・ヴィラ・ブティックRetro Villa Boutiqueがあります。1メートル18ドル(約1,890円)で買うと、どんな部屋も素敵な雰囲気になるでしょう。

■100ドル編(約10,500円): 戦略

滞在日数によっては、72の博物館やアトラクションに簡単にアクセスでき、バス、地下鉄や電車などの公共交通機関が無料になるコペンハーゲン・カードCopenhagen Cardの購入がお得でしょう。48時間パスは89ドル(約9,345円)です。購入に値するか知りたい場合は、ウェブサイトであなたが訪問予定の観光スポットを選択することで、計算できる機能があります。無料のアプリをダウンロードすれば、アトラクションの時間、地図、公共交通機関のガイドラインが付いた街案内も利用できます。


■新しい北欧料理

世界最高のレストランに選ばれたノーマnomaがあるコペンハーゲンは、新しい北欧料理の中心地です。nomaで食事をすると295ドル(約30,975円)掛かりますが、他にもおいしいレストランはあります。たとえばアルマナークAlmanakなら、モダンで美味しいデンマーク料理をよりカジュアルに提供します。3コースメニュー64ドル(約6,720円)は、塩サバ、カリカリのうずら、摘みたていちごのホワイトチョコレートがけなど地元の旬の食材を提供します。

参照記事: 
ShermansTRAVEL
http://blog.shermanstravel.com/2014/07/02/what-10-50-and-100-will-get-you-in-copenhagen/



1.0.73.783