「ありがとう、ヨーロッパ」。 ユーロビジョン・ソング・コンテスト2014華やかに閉幕

日本語

フェアリーテールクラブ

「ありがとう、ヨーロッパ」。ユーロビジョン・ソング・コンテスト2014華やかに閉幕

2014年5月10日に決勝が行われた「ユーロビジョン・ソング・コンテスト2014」は、ユーロビジョン史上、最も壮観なテレビ番組のひとつとして名を残すことでしょう。

緑が多くLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスセクシャルなど性的少数者)に優しい都市で大規模なストリートパーティーが行われ、優勝者が新しい道を作り、ヨーロッパをひとつにしました。開催都市コペンハーゲンは、優勝者コンチータ・ウルストさんConchita Wurst(オーストリア出身)を祝い、パーティーに参加した全員に感謝しました。

デンマークは通算3回目の開催国に
ユーロビジョン・ソング・コンテストは世界最大の音楽コンクールであり、多くの世界的歌手や人気グループを生み出してきました。聴衆を前に参加者が歌う形式のテレビ番組でもあり、2013年は1.7億人が視聴しました。昨年のコンテストでデンマーク人女性シンガーが優勝したため、デンマークが今年の開催国となりました。通算で3度目となります。

いつにもましてお国柄が反映された2014年大会
2014年は37か国から17人の女性ソリスト(優勝した髭の女装美女コンチータさん含む)と3つのデュオが参加し、うち33組が英語でパフォーマンスを行いました。ショーの様子は会場内の1200平方メートルの巨大LEDスクリーンに映し出され、ライブでショーを見た聴衆は9万人に上りました。ショーは各国のお国柄を反映したものになるのがお約束ですが、今年は会期中にロシアからのゲイとレスビアンカップルの結婚式がデンマーク教会から中継されるなどLGBTに優しい国デンマークならではの試みが見られました。そして髭を生やして女装スタイルで歌ったコンチータさんが優勝し、「自由と平和を愛するすべての人々に感謝します」とスピーチしたときには多くの人々の胸を熱くしました。 

コペンハーゲンでは180以上のイベントを開催
会期中は180以上の関連イベントが開催され、世界中から数千人もの人々が訪れました。イベントは結婚式、世界最長のキスチェーン、港でのプールパーティー、アートインスタレーション、オーガニックの食材を使用した屋台、子どもも楽しめるアクティビティなど多岐に渡り、市の中心部にある広場はLGBTプライドの広場となりました。コペンハーゲン観光協会の専用ページのフォトギャラリーからは、大いに盛り上がった会期中のコペンハーゲン市内の様子がご覧いただけます。


詳細: 
VisitCopenhagen 
http://www.visitcopenhagen.com/copenhagen/music/thank-you-europe

Photo:Thomas Hanses, EBU

1.0.73.783