デンマークで最も有名なランドマーク人魚姫に「男性版」が登場

日本語

デンマークで最も有名なランドマーク         人魚姫に「男性版」が登場

コペンハーゲンのアイコンといえば、アンデルセンのおとぎ話から生まれた人魚姫像。

この像はこれまでに二度首を切られ、腕をなくし、少なくとも7回は落書きをされました。そんな人魚姫に、この度新しい「お相手」が登場しました。
デンマーク語で「彼」を意味する「ハン」Hanと名づけられたこの男性版人魚像は、ステンレススチール製。石に若い男性が座っている姿は人魚姫像そっくりです。制作者はデンマーク人とノルウェー人デュオのエルムグリーン&ドラッグセット。ロンドンのトラファルガー広場に、高さ4メートルのブロンズ像を制作したことで知られる芸術家です。
若い男性像「ハン」は、コペンハーゲンにいる「姉」と同じように海辺の石に座っています。「ハン」は全体が艶のあるステンレススチールで出来ています。そのため、像が描くカーブの表面には周囲の様子が映り、観客はまるで幻覚を見ているような歪んだイメージを目にすることになります。また作者の遊び心と水圧作用により、人魚像の目は一時間に一度だけ瞬きする仕掛けになっています。
「ハン」が設置されたのは、コペンハーゲンのあるシェラン島北部の町ヘルシンオアHelsing?rにある、世界遺産クロンボー城の対岸。クロンボー城はシェイクスピアの悲劇「ハムレット」の舞台として国内外で名が知られていることから、「ハン」の登場はデンマークでも大きな関心が寄せられています。
何かを訴えるように佇む「ハン」は、さまざまな解釈が可能な作品です。この像を見て人々が最初に抱く疑問は、有名な人魚姫像との関係性でしょう。ふたつの像はサイズもほぼ同じで、まるで姉と弟のよう。しかし、岸の方を向いている人魚姫像に対して「ハン」は海の方を見つめています。国籍や性別についても様々な読み取り方があるでしょう。また、「ハン」が桟橋の先に設置されていることは、現代社会における孤独感を表現しているとも考えられます。
「ハン」は、ヘルシンオア自治体とデンマーク芸術基金による選出・承認・出資で制作され、2012年6月2日(土)にお披露目されました。
■エルムグリーン&ドラッグセットについて
1995年からベルリンとロンドンを拠点に活動しているアーティスト・デュオ。ロンドンのサーペンタイン・ギャラリー、テート・モダン、トロントのパワー・プラントなど世界を舞台に個展を開催。特に有名な作品としてテキサス州の砂漠の真ん中にプラダのブティックの実物大レプリカを展示した作品「プラダ・マーファ」がある。2012年夏にはベルゲン・インターナショナル・フェスティバルとコペンハーゲンの王立劇場にて芝居"Happy Days in the Art World"が上演予定。秋にはリバプール・ビエンナーレに参加、2013年秋にはロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館での展覧会を控えている。
■ヘルシンオアについて
ヘルシンオアは、デンマーク東部にあるシェラン島の海岸沿いに位置する街。コペンハーゲンから車で北に45分、人口は6万1千人ほど。現在、ヘルシンオアの港は新しい文化・レジャーエリアを開発するための工事が進められており、国際的な文化都市としての更なる役割強化が期待されている。
■世界遺産クロンボー城について
http://www.visitscandinavia.org/ja/Japan/Denmark/Sjelland/sightseeing/Kronborg-Slot/

この像はこれまでに二度首を切られ、腕をなくし、少なくとも7回は落書きをされました。そんな人魚姫に、この度新しい「お相手」が登場しました。
デンマーク語で「彼」を意味する「ハン」Hanと名づけられたこの男性版人魚像は、ステンレススチール製。石に若い男性が座っている姿は人魚姫像そっくりです。制作者はデンマーク人とノルウェー人デュオのエルムグリーン&ドラッグセット。ロンドンのトラファルガー広場に、高さ4メートルのブロンズ像を制作したことで知られる芸術家です。
若い男性像「ハン」は、コペンハーゲンにいる「姉」と同じように海辺の石に座っています。「ハン」は全体が艶のあるステンレススチールで出来ています。そのため、像が描くカーブの表面には周囲の様子が映り、観客はまるで幻覚を見ているような歪んだイメージを目にすることになります。また作者の遊び心と水圧作用により、人魚像の目は一時間に一度だけ瞬きする仕掛けになっています。
「ハン」が設置されたのは、コペンハーゲンのあるシェラン島北部の町ヘルシンオアHelsingørにある、世界遺産クロンボー城の対岸。クロンボー城はシェイクスピアの悲劇「ハムレット」の舞台として国内外で名が知られていることから、「ハン」の登場はデンマークでも大きな関心が寄せられています。

何かを訴えるように佇む「ハン」は、さまざまな解釈が可能な作品です。この像を見て人々が最初に抱く疑問は、有名な人魚姫像との関係性でしょう。ふたつの像はサイズもほぼ同じで、まるで姉と弟のよう。しかし、岸の方を向いている人魚姫像に対して「ハン」は海の方を見つめています。国籍や性別についても様々な読み取り方があるでしょう。また、「ハン」が桟橋の先に設置されていることは、現代社会における孤独感を表現しているとも考えられます。
「ハン」は、ヘルシンオア自治体とデンマーク芸術基金による選出・承認・出資で制作され、2012年6月2日(土)にお披露目されました。


■エルムグリーン&ドラッグセットについて
1995年からベルリンとロンドンを拠点に活動しているアーティスト・デュオ。ロンドンのサーペンタイン・ギャラリー、テート・モダン、トロントのパワー・プラントなど世界を舞台に個展を開催。特に有名な作品としてテキサス州の砂漠の真ん中にプラダのブティックの実物大レプリカを展示した作品「プラダ・マーファ」がある。2012年夏にはベルゲン・インターナショナル・フェスティバルとコペンハーゲンの王立劇場にて芝居"Happy Days in the Art World"が上演予定。秋にはリバプール・ビエンナーレに参加、2013年秋にはロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館での展覧会を控えている。


■ヘルシンオアについて
ヘルシンオアは、デンマーク東部にあるシェラン島の海岸沿いに位置する街。コペンハーゲンから車で北に45分、人口は6万1千人ほど。現在、ヘルシンオアの港は新しい文化・レジャーエリアを開発するための工事が進められており、国際的な文化都市としての更なる役割強化が期待されている。


■世界遺産クロンボー城について
http://www.visitscandinavia.org/ja/Japan/Denmark/Sjelland/sightseeing/Kronborg-Slot/

1.0.73.783