オーデンセ

日本語

オーデンセ                       Odense

アンデルセンの故郷としても有名なフュン島最大の街

オーデンセ国内第3の都市で、街の名称は北欧神話の主神オーディン(Odin)にちなみます。
フュン島の中ほどにオーディンが城を建てた翌朝、オーディンより早く目を覚ました妻の女神フリッガ(Frigga)が窓を開けて外を見ると、朝日の光のなかに海と野原と森が、とても美しく輝いていました。あまりの美しさに、フリッガは大きな声で「オーディン、見て(Odin, se)!」と呼びかけ、それが街の名になったという伝説が伝わっています。
西暦1020年には教会が建てられ、1086年にクヌート聖王(Knut den Hellige)が聖アルバン教会(Alban Kirke)に祭られてからは、巡礼の地として多くの人々が訪れるようになりました。中世には、教会と修道院を有する街として重要な位置を占めていました。
現在は人口約18万6000の商工業都市として発展を続けています。

《アンデルセン関連はこちら

アクセス
コペンハーゲンからフレデリクスハウン(Frederikshavn)行、エスビャオ(Esbjerg)行のリュン(Lyn)特急で約1時間20分(1日6本)、インターシティ(IC)で約1時間30分(1時間毎)です。 

観光案内所観光案内所
オーデンセ観光協会 VisitOdense
住所 Vestergade 2
Tel +45 63 75 75 20 Fax +45 63 75 75 39
otb@visitodense.com
www.visitodense.com

天気

13 °Cコペンハーゲン

1.0.73.783