交通機関

日本語

交通機関

コペンハーゲン市内を観光する際に、使いやすい順に交通機関を並べてみました。

地下鉄、エストー、市バスのチケットはゾーン制で共通です。コペンハーゲンカードがあれば、期間内の地下鉄、エストー、市バスは無料になります。

歩く!

一番簡単で、街の様子を最もよく知ることができる最適の方法です。コペンハーゲンの中心部は歩いて十分にまわることができます。徒歩でのおすすめルートはこちら

無料自転車(シティバイク)

コペンハーゲン市内には、観光客向けに無料の貸自転車(シティバイク)が100箇所以上に設置されています。このシティバイクを利用して、効率よくまわりましょう!シティバイクの使い方はこちら

※2013年はサービスが行われません。

地下鉄(メトロ)

地下鉄(Metro)の路線は2本あり、すべて各駅停車です。チケットはゾーン制でエストー、市バスとチケット共通。チケットは駅の自動券売機にて購入しましょう(画面で英語を選択できます)。地下鉄についてもっと知りたい方はこちら(英語)

近郊列車(エストー)

デンマーク国鉄(DSB)が運行する近郊列車エストー(S-tog)は、コペンハーゲン市内と近郊を結ぶ列車。市内にも駅があるので移動に便利です。地下鉄、市バスとチケット共通。デンマーク国鉄のウェブサイトのエストー路線検索はこちら(デンマーク語)

タクシー(タクサTaxa)

タクシー(タクサTaxa)は、市内各所にタクシー乗り場があり、路上で手を挙げて止めることもできます。メーター制(税とサービス料含む)で、多くはクレジットカードで支払うことができます。23:00以降翌朝までは、深夜料金が加算されます。

市バス

バスの路線は網の目のように張り巡らされ、本数も多いので使いこなせればかなり便利。バス停にある地図で番号を確認してから乗ること。チケットは運転手から直接購入できます。

 

市バス デンマーク国鉄(DSB) コペンハーゲン中央駅

 

コペンハーゲンカード

カードの種類と料金、使用方法(2012年現在)
24時間用 249DKK (10~15歳119DKK)
72時間用 479DKK (10~15歳239DKK)
*大人ひとりにつき、10歳未満の子供2人までが無料。
市内の公共交通機関と美術館・博物館が無料または割引になる
市内の60以上の博物館、美術館、観光スポットの入場料が無料になるほか、コペンハーゲン市内、シェラン島北部など一帯を網羅するバスや電車、地下鉄、水上バスも無料で利用できます。レンタカーや娯楽施設などの割引もあります。使用開始時に時刻が押され、有効期限はその時点からとなりますので、計画を立てて効率よくご活用ください。

インターネット、またはチボリ公園の向かいにある観光案内所をはじめ、ホテル、旅行代理店、空港、駅などで購入できます。

詳細はこちら

関連情報

バスツアー

ツアー・バスの発着所は、市庁舎横の『ルアー笛吹きの象』の前です。

ボートツアー

ボートでの運河めぐりやディナークルーズを楽しみましょう

1.0.73.783