カフェ・ムンク

    スカンジナビア政府観光局は、名画「叫び」で世界的に著明なノルウェー人画家・エドワルド・ムンク生誕150周年を記念した周年プロジェクトを立ち上げました。その一環として、ムンクの作品や、「叫び」ケーキやカフェラテを楽しめるCafe MUNCHを渋谷ヒカリエに2013年4月10日(水)14:00から4月23日(火)まで開催します。期間中はムンクが100年前に食していたメニューを現代風にアレンジしたサーモン料理等も17:00から登場します*。カフェでは96億円で落札された「叫び」など日本公開が珍しい作品も含むムンクのレプリカ画37点を公開します。
    ノルウェーサーモンやノルウェー風ミートボール、「叫び」ケーキ&「叫び」ラテでノルウェーのアートと味覚を楽しめる空間にぜひお越しください。
    4月19日(金)は1日限定、大人だけのスペシャルイベント「Midnight MUNCH もう一人のムンク」も予定しています。

    *特別メニューは数に限りがあり、なくなり次第終了となります。ご了承くださいませ。

    たくさんの方々が訪れてくださったカフェ・ムンクは4月23日(火)をもって終了致しました。
    期間中にいらしてくださった皆様、誠にありがとうございました。


    住所:渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ7F「TABLE7」
    TEL: 03-3486-2363
    http://www.cafecompany.co.jp/brands/flowerscommon/

    出光美術館

    1991年、出光興産が社会貢献の一環としてオスロ市立ムンク美術館のリニューアルに協力したことから、エドワルド・ムンクとの付き合いがスタートしました。
    これが縁となって、1993年、出光美術館では、『叫び』『マドンナ』などムンクの代表作を一堂に会した全96点の『Munch “The Frieze of Life”』展を開催しました。
    特に、展覧会最終日には、美術館が入るビルの周りを何重にも来館者の列が取り巻くと言う盛況で、動員記録を達成。この展覧会は、同年大阪でも開催されました。 それ以来、ムンク美術館から毎年3点の作品が貸し出され、出光美術館で展示されることになりました。
    テーマは、「日本人に知られていないムンク作品をご紹介する」です。

    住所: 千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9階
    TEL: ハローダイヤル 03-5777-8600(展覧会案内)
    http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/index.html

    FUGLEN TOKYO

    一つひとつ丁寧に人の手で作られた“モノ”にこだわる、オスロに本店を置くインテリアショップ兼カフェバーFUGLEN(フグレン)。その海外出店一号店です。
    60年代よりも前の時代にノルウェーで製作されたヴィンテージデザインのみを展示販売しながら、昼はエスプレッソバー、夜はカクテルバーと異なる3つのユニークなコンセプトが完璧に融合しています。フードも持込み可能という自由なスタイルをはじめオスロ本店そのままの雰囲気が店内に流れています。

    住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-16-11
    TEL: 03-3481-0884
    http://www.fuglen.com/japanese/